猫の手借りて、オーストラリア大解剖。

オーストラリアで体験したアッと驚く事、信じられない事実をシェアします!

ウイルス感染症

初体験はドキドキ!【帰国前PCR検査】

何だか、ずっと緊張しっぱなしでした。。 色んな話を聞いてきましたから、、 喉と鼻に長めの棒を突っ込まれ痛いとか血が出たとか。。 そんな事を言う人もいて考えれば考える程に色々と想像してしまいます。 なるべく先の事は考えない! 何事も考えているより…

アナログ過ぎた帰国前PCR検査予約!

今日、西オーストラリア州のパースから日本へ帰国する前に必要になる陰性証明書発行のためのPCR検査予約をしました。 だけど、驚いたのがこのプロセスがかなりのアナログ状態だった事。。 時代が巻き戻ってしまった気分になった。 まず簡単に説明するとオー…

伝染病隔離病棟に輸送された話。

私、西オーストラリア州で伝染病隔離病棟に輸送されたことあります。 と言ってもそんな事は知らずにただリハビリテーションするために専用の車両にお迎えに来てもらっていただけなのですが、この時の周りの対応が不信すぎたんです。 前もこのブログに執筆し…

豪州の国境閉鎖対策に思う事

オーストラリアの国境閉鎖対策は素晴らしいと口を揃えて言う人がいるが、私はこれに対していつも複雑な気持ちを抱いている。 なぜ、そんな事を簡単に口にできるのだろう、、 現在、私はオーストラリアのパースにいてもうすぐ日本に帰国する予定でいるから、…

豪料理専門学校の闇

私、お料理好きです。あと、コーヒーが好き。 オーストラリアに旅行した時、スーパーを覗いてオーストラリアの食材の豊富さについて知ったのと同時に食の安全さや魅力を知ってオーストラリアの食べ物が好きになりました。 ともかく遠い所である海外で自分を…

豪州のコロナ対策が優秀?

良く報道を見ていると豪州のコロナ対策が優秀との記事をよく目にする。 私はこういうたぐいの報道は全く理解できない。 オーストラリアのコロナウイルス対策が日本と比べて優秀かという事が分からないのではなく、各国の今回の惨事の対策について比較する事…

医療が機能していない西オーストラリア州の病院

最近、西オーストラリア州の病院でコードイエローという緊急コードが出ているとの記事を目にした。 コードイエローとは、簡単に言えば病院内部が緊急事態な状況に陥っている事を意味している。 ロイヤル・パースホスピタルとサー・チャールズ・ガーディナー…

3年間も尾行され続けた話

皆さん尾行された事はありますか? 今だから言えるが、私は3年間同一人物から尾行され続けた経験があります。 私は今まで尾行される人間は有名人かスパイぐらいだと思っていて一般人はそんな目にあうと思っていなかったので自分の身に起こってしまうなんて…

ウイルスに侵された海老

私はオーストラリアの海が大好きだ。 旅行で西オーストラリアを初めて訪問して、その透明度と光を反射して織りなす青に感動してここにもっと滞在してみたいと思うようになった。 それが、私がオーストラリアに留学した理由のうちの一つだ。 パースには大きな…

どん底で出会う人間

私はオーストラリアのパースでインフルエンザ後遺症により、どん底を味わった。 それは自分の意志に反して、己がコントロールできなくなるという地獄だ。 神経の炎症反応で正常に身体に電気が通っていないとでもいえば分かりやすいのだろうか。最初は少し筋…

マスク着用者は変質者?

コロナ騒ぎが起こってから最も嫌な事の一つは、オーストラリア人の大部分がマスクをする事を嫌がっていてもし着用しているとまるで変質者を見るような眼で見てくることだ。 日本ではまずこんな事は起こらないが、マスクをしているとかなり冷たい視線を浴び避…

隔離されていない帰国者隔離ホテル

オーストラリアのコロナ対策は日本より優れている、だから抑え込んでいるという発言や報道が良く見られるがそれは本当なんだろうか? 最近、オーストラリアABCニュースで帰国者の隔離に使うホテルについての報道があった。簡単に言ってしまえば、帰国者隔離…

死にかけた時、音楽が大麻の代わりになった話

私は、一歩間違えばオーストラリアで大麻を使用する事になっていたと思う。 それできっと今も大麻を継続して使用していたんだろうと思う。 何故かというと、私は結構凝り性だということと、一度習慣にするとやめられない事があるからだ。 凝り始めると、一つ…

オーストラリアの医療カルテ開示方法

私は以前"信用できない重症患者数”というタイトルの記事で西オーストラリア州でインフルエンザにかかりその後、肺炎そして神経への炎症反応(サイトカインストーム)の治療で入院経験がある事を書いた。 最近、帰国のために荷物を断捨離していて、この時の自…

信用できない重症患者数

都合の悪い事実は隠される場合が多い。それが、健康に関することであれば大問題だ。残念ながら、西オーストラリアの医療も例外ではなかった。 “オーストラリアはスポーツ大国だから、スポーツによって体を痛める人が多い。そのために、理学療法や作業療法が…

↓押してくれると飛び上がって喜びます↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村