猫の手借りて、オーストラリア大解剖。

オーストラリアで体験したアッと驚く事、信じられない事実をシェアします!

うるさい日本人観光ガイド

 

私はオーストラリア、パースに最初家族旅行をしてこの地に惹かれ、ここに長期滞在してみたいそんな思いを抱いて留学する事に決めた。

 

だからその旅行は思い出深いものになっている。私一人であれば恐らくはパッケージツアーなんてものはまず申し込まないのだけれど、両親が割とこういうのを好むタイプなので何度かオプションのツアーを申し込んだ。

 

その現地ツアーは、おなじみの観光地が組み込まれていて本当にいろいろな場所を訪れた。

 

日本で申し込んだツアーなので当然そこには日本人の観光ガイドがいつもついていてくれる。ただ、パースはそんなに多くの日本人観光客が訪れる訳ではないために、現地のツアーに日本の旅行会社のツアー客が一緒についていく感じになっている。

 

当然、日本人観光ガイドがいれば英語に不安がある人にはとても心強い存在かもしれない。しかし、そのガイド本当にどうでもいい所でうるさいと思ってしまった瞬間が多々あった。

 

だから私は避けるようにしていたし、向こうもそれを察してなのかあまり近寄ってこなかった。

 

私にとってはその日本人観光ガイドはただただうるさいだけの存在だった!

 

何故かというと、現地ツアーガイドの方が一生懸命その土地についての歴史や現状について喋ったりしている時にそのガイドは通訳を気取っているのかずっと横で喋りっぱなしだからだ。。その現地ガイドの言っている英語が全く聞こえない!!

 

何を言ってる、通訳してくれているから優しいガイドに何を言っているのか!とお思いのそこのあなた!それは誤解です!!

 

それは何故か、、

 

その日本人観光ガイドは現地ガイドの言っている事とは全く別の事を、誰でもガイドブックで調べればわかるような情報をさも通訳しているかのようにふりをして喋っていただけだったんです。

 

全く英語が分からない人は騙されるのかもしれないが、英語の聴き取りがある程度できる人間には直ぐにバレるでしょう。

 

偉そうに通訳しているふりをしていて本当にイラつきました。。

 

現地ガイドの話は本当に興味深い話ばかりでその土地の現状や豆知識まで喋っている人も多くずっと聴いていたい内容ばかりでした。

 

その度に、くだらない話やどっかで聞いたことある話を大きな声でかぶせてくるんだから腹が立つのが普通です。

 

うるせーと言ってやりたくなるのをずっとこらえ、なるべく遠くにいるようにして現地ガイドの話を聞けるように努めました。

 

それだけでも腹立つのに、現地観光ガイドが集合時刻などを伝達する時それすら間違って訳している時もあったんです。

 

はっきり言って、どうしてこんなに知識レベルが低くて英語力まで低い人が日本人観光ガイドとして雇われているのか全く意味不明レベルでした。

 

それがパースに滞在して少しして何度か語学学校に通ううちに分かるようになったんです。

 

どうもワーキングホリデーや語学留学生の間で現地観光ガイドは人気のアルバイト先だという事がだんだん分かってきたんです。

 

この子達が何のアルバイトをしようが全然自由だと思うのですが、1つ言えることはこの子達の英語レベルはめちゃくちゃ低くて特にリスニングなんてあまり聞き取れていない子も本当に多かったんです。

 

そんな子達が休み時間に、良く仕事探しについて日本語でデッカイうっせえ声で教室で雑談していました。

 

こんな感じに。。

 

子供A 

 

「そういえば、仕事決まったー?」

 

子供B 

 

「なかなか、難しーよね。英語厳しいしジャパレスで働くしかないのかなー。」

 

子供A

 

「日本語で働けるとこあるといいよね!そういえば、現地の観光ガイドとかマジいいらしいよ!知り合いやっててなんとか混ぜてもらえないかなーと思ってて!!」

 

子供B

 

「えー。英語喋らんで大丈夫なの??」

 

子供A

 

「マジ、超楽ショーらしー。適当にいろんな事喋って通訳してるふりしてればいいしー、いろんなとこに行けて、かなりお得らしーよー。遊びの延長でいけるし、、まあーたまに帰り遅くなるけど旅行行けてると思えばよくない??」

 

子供B

 

「やばっ!それすごない。ガイドブックの事少しだけ覚えてあとはテキトーに喋ってても良く考えたら注意する人誰もおらんし、いけるよねー。マジで楽そー。」

 

「いつ声掛けすんの!!私も混ぜてほしー。ホントにマジでー。」

 

子供A

 

「わかったー。今度聞いてみる――!!」

 

子供B

 

「ホントにー助かるー。」

 

 

はっきりと、”適当にいろんな事喋って通訳してるふりしてればいい”って言っててそれを悪いとも思っていない所が道徳心を疑う子供達なんです。

 

何が悪いかも理解していない、子供のような大人がワーキングホリデーや語学留学している事実にも腹立つのに、こういう話は一回聞いただけではなく何度も何度も耳にしました。

 

その度に類は類を呼ぶわけだから、あのうるさい日本人観光ガイドもこういう子達と同類だったんだろうなあと理由が分かった気がしました。

 

それにしても、何でこんな子供達を現地旅行会社が雇っているのか本当に謎です。

 

もしオーストラリアで旅行する時が来たら、全員とは言わないが中にはこういう道徳心なし、教養なしそれに英語力もなしの日本人観光ガイドがくっついてくる場合もあるという事を頭に入れておくとよいと思っています。

 

それが嫌なら、個人で好きなようにあちこち見てまわるのをお勧めします!!

 

 

 

 英語リスニング力をアップすると旅行も楽しめます。

聴き取りを沢山しておいて準備しませんか?

                    ↓

 

 

オーストラリアの魅力の一つウォンバット!

グッズで癒されませんか?

↓                  ↓

ヒメ ウォンバット(オーストラリアの生物)/キャンバスバッグ・スクエア

価格:2,310円
(2021/1/19 07:20時点)
感想(0件)

ヒメ ウォンバット(オーストラリアの生物)/パーカー

価格:4,840円
(2021/1/19 07:22時点)
感想(0件)

HANSA ハンサ ぬいぐるみ3248 ウォンバット WOMBAT

価格:5,500円
(2021/1/19 07:23時点)
感想(0件)

 

 

 

 

 ご自身でブログ運営をされている方は、A8ネットでアフィリエイト始めてみませんか?

 

 

残業すると不審者!?

 

オーストラリアの現地企業で働く場合、残業ばかりすると不審者と思われ怪しまれる可能性があることについて書きたいと思います。

 

特にこれから欧米のような効率重視型の企業に入社したい、またはオーストラリアの企業に入社したいもしくはもう働いているという人に是非読んで欲しいと思っています。

 

それに日本の働き方に対する考え方とオーストラリアの働き方に対する考え方がどれだけ違うかというのも分かるのではないでしょうか?

 

私自身、残業すると不審者に思われるかもしれないという話を最初に聞いたのは大学のチュートリアルでした。その日は企業の情報についてのセキュリティー管理についてみんなで勉強する日でした。

 

どういった状況で情報を管理している時に情報漏洩しやすいかという話が終わった後に、セキュリティーの点ではコンピューターなどのハード面を用いたシステム管理も重要だが気を付けなければいけないのは人である場合も多いという話になった。

 

特に社員、取引先企業や訪問者など身近な人が情報漏洩させるそういう場合もあり得るという事を常に意識していなければいけないという説明があった。

 

最もリスクファクターとなりえるのは社員である場合もあると考えるのが基本との事で様々な例を挙げて説明された。

 

その時、情報の持ち出しを行ったり横領を行う危険人物になりえる人として最後までオフィスに残る人をマークしておいた方が良いのが基本との説明を受けた。

 

だから残業すると、もしかしたらこの人は不審な行動を取る人なのではないか?と怪しまれる可能性があるという事を考慮した方がよい。

 

勿論これには例外があって、どうしても必要な残業で上司から指示があり行っていた場合は別ということだった。

 

これから社会に入る予定のオーストラリアの大学生にこういう事を教えているんだから、自分からすすんで残業する人などいなくなるのは当たり前でこれを知らないでいるって結構やばいなあと思った。

 

だって日本の職場ってまだ古臭い慣習の所も結構残っている感じで、長い時間働くことが美徳と捉えている上司や部署も沢山ありそうだからだ。下手すると会社ぐるみで長時間労働を推奨している所も未だにある感じ。信じたくない事実だが、、

 

私が昔勤めていた職場も、長く働いている人を褒めて早く帰っていく人に陰口をたたいている人がいたし、定時が終わっても上司が帰宅していなければ帰れない空気の部署も存在していて暗黙の了解で長々その場所に残り続ける人間もいた。

 

私が勤めていた時代から時は移り変わっているはずなのだが、未だにまだこの長く働けばいいという慣習の職場が沢山存在しているのを知るたびにいつも驚いている。

 

だって残業ばかりしていると、休息時間、息抜き時間、睡眠時間が必然的に減らされるから疲れが抜けず効率が落ちるはずだから、こういう事を推奨している組織は本当に悪循環を生む社会悪と思うからだ。

 

無理して働いて、精神疾患になった人も沢山見て来た私からすると全く推奨できないしくみ。一度ひどく精神がやられると元に戻らなくなるので、その人達は一生医療にお世話になり働く事さえできなくなる。本人達の人生がめちゃくちゃになるだけでなくて、広い目で見ると経済的にも社会にダメージを与えるはずだから長時間労働が美徳なんていうのは本当に悪い仕組みだと思っている。

 

効率よく回す仕組みを考えて、優先順位をつける事を習慣化する。それで、明日できる事は今日やらせずとっとと休息を取らせないと本当はおかしいのだが。能率が下がるので、、

 

少し話がずれてしまったが、日本特有の慣習による長く頑張って沢山働くのが尊いみたいな精神論が知らないうちにしみついた状態で、効率化を重視する社風を取り入れたオーストラリアの現地企業に入社してしまったりすると、指示もされていないのにやる気を見せるために残業などして挙句の果てには不審者かもしれないとラベルを貼られる危険性もあると知っておいた方が良いと思う。

 

だから、

 

指示されていない場合は定時になったら即帰宅する。

仕事を残していてもそれが明日でも構わない事ならばやらないで放置、納期などあるものであれば必ず許可をとり残業する必要があると思う。

 

この残業すると不審者と怪しまれる可能性があるという事実を知らずに、オーストラリアの現地企業に運よく入社できている日本人が知らずに自分から残業しているとヤバいなと思ってこの記事を執筆した。

 

残業して沢山仕事をこなしてアピールしようと思っているそこのあなた!

もしかしてしらないうちに犯罪者予備軍のレッテルを貼られてしまうかもしれませんよ!!

 

定時になったら即帰れるように、定時の時間までに帰宅のシミュレーションを済ませ時間になったらすぐに退散しましょう。

 

それでこそオーストラリアでは優良な嘘のない社員だとして評価されると思いますよ。

 

 

 

 

 ご自身でブログ運営をされている方は、A8ネットでアフィリエイト始めてみませんか?

 

 

なぜSEX中のあえぎ声が酷いのか。。

 

こんな題名の記事を書いてしまってすみません。

 

だって本当に気になっているんです。

 

なんでそんなにSEX中に大きなあえぎ声を出すのか。。

 

って事を。。

 

オーストラリアに来てから本当に良く近所のSEX音を聞くようになってしまっています。最初こそは本当に慣れていなかったのでただただビックリして戸惑っていたのですが、

 

だんだんと

 

お盛んですね!お取込み中ですか?

 

という風に思うくらいには慣れてしまいました。

感覚も多分、麻痺してるんだろうな...(汗)

 

いちお誤解を与えないように説明しておくと、私が変態で聞き耳を立てているわけではないんです。

 

だって

 

本当にいろいろと音がデカい!!!!

それにあえぎ声が酷い!!!!

 

んです。。

 

日本でも賃貸物件に住んでいた時があるのですが、同じ棟から聞こえてきた事はありました。だけれど、リアルに分かる程の大きい音に遭遇した事はないんです。

 

あんまり音が大きくて、無料音声版AVを聴いてる様な感覚に陥る時もあります、、、

そんな事、日本では経験した事は一度もありません。

 

 

正直言ってもう慣れてしまったせいで、

なぜ、音をそんなに出すのか、それにあえぎ声がどうしてそんなに酷いのか??

 

そんな事を真面目に考えるようになってしまい、ついにはブログに執筆するまでになってしまいました。

 

検証を高精度で行う事は不可能なのに仮説を立ててしまいました。。

いちお検証しましたが、全てにおいて正しいかは保証しかねます。

 

 

仮説1:オーストラリア人の性のオープンさ

 

オーストラリア人は性を秘め事と捉えていない所があり、かなりオープンです。

 

だから、もしかしてご近所さんにヤッてることバレても全く恥ずかしくないし、、それをもしかしたら他人に自慢したいから聞かせたいので大きなあえぎ声をだしているんだろうか?

 

検証1:オーストラリア人の性のオープンさ

 

私は過去に不運にも、屋外でSEXしているカップルを目撃してしまった事があります。あまりに驚き固まっているうちに、その人達はやめようともせずまるで見せびらかすかのように最後まで行いました。

 

人に見えるところで行いたい性癖の人も世の中にはいる訳で、人に自慢したいから爆音出す人がいても何ら不思議ではないのではないでしょうか。

 

過去の関連記事

↓      ↓

オーストラリア人のオープンすぎる性、目撃しました! - 猫の手借りて、オーストラリア大解剖。

 

 仮説2:ともかく考えていない、本能のまま

 

オーストラリア人は日本人に比べて細かい事を気にしていないので、理性が0になり本能のまま声を出しているんだろうか?

 

検証2:ともかく考えていない、本能のまま
 

仮に理性0だとしたらあえぎ声は大きいんだろうか?分からないので、ググっていたら面白い記事を見つけた。

 

あえぎ声は良い精子を求めるため??と書いてあったww

動物的本能により多くの雄と交わうと精子の生存競争が起き、より質のいいオスの精子が勝ち残って受精する事になるからその戦略との事。。

 

パートナーとSEXしながら、他の男を呼んでるなんて、、ヤリまんかw

言い換えると、本能に正直なお猿さんなのか!!

 

参考記事:

人間はなぜあえぎ声を出すようになったか 専門家が分析する|NEWSポストセブン

 

仮説3:音や声がでかい人は取り組み方がそもそも違う

 

もしかしたら、あえぎ声は掛け声みたいなもので気合を入れるためのものかもしれない。ともかく、そういう人はうるさい。もしかしたら、相手への指導も混ざっているんだろうか??

 

もしかして、愛の確認というより快感を求めるためのスポーツなのか?

 

検証3:音や声がでかい人は取り組み方がそもそも違う

 

スポーツする時、みんなで声を掛け合いますよね。運動部に所属した事ある方は分かるかもしれないが、練習試合でも本番でも本当に良く掛け声を掛け合います。

 

大きな声で!!それに音を大きく出すことも多いです。手をたたいたりして、、

 

それと同じ理屈かもしれないと思ったのは何故か??

 

だって、たまに女がSEXの最中に男に指示を飛ばしているのを良く耳にするからです。

 

動き方が違う、角度が違う、場所が違う、、本当にうるさくてよくあんなんでムードが出るなあ。。よく男性は立ち上がるなあと感心してしまいます。

 

そういう女がいる試合に限って音がうるさいのあえぎ声がうるさいのって、、、

男も声を出します。

 

まあ、声をパスされたら返さないとねwww

 

下手すると試合終了後、大きな声での反省会を行っている場合もあります。

エグすぎる単語飛び交っていて聴くに堪えません。。

 

話し合いが決裂してチームとして解散する場合もあります。

 

正直ああはなりたくない、、終わった人達と思ってます... 苦笑

 

仮説4:音声の出し方がそもそも違う事であえぎ声がでかい

 

英語の発音って、細かい音で単語の区別をつけているのも多いから、大きな声で喋っている人も多い。だから、自然と大きな音を出すことに抵抗がなくなってしまっている。

 

検証4:音声の出し方がそもそも違う事であえぎ声がでかい

 

これもありえるかもしれません。何故って深夜などに帰宅してもかなり大きな声で喋っている人は英語圏の人が多いからです。まあ、オーストラリアも英語圏ですからね。

 

それにSEX中にCome!(イク)とか単語をいってる事が多いし、SEXがうるさい人に限ってお喋りです。その流れであえぎ声大きくなっていくのかも、それにつられてついでに音も、、、(ここら辺でやめときますww)

 

仮説5:大きな声や音を出すことでその場の演出

 

全く私には気持ちが良く分からないのですが、もしかすると敢えてわざと大きな音を出している可能性もあるのかもしれない。 

 

検証5:大きな声や音を出すことでその場の演出

 

深夜からあんまり音がうるさくて気が散り眠れない日に、SEX音はSEX音でかき消して0になるかもしれないとバカな事考えて(ブログに書けるしネタになるとも思って)洋物のAVを試しに見て検証してしまいましたw

 

声の出し方や大きさ同じでした!!!

AVの真似なのか!!その可能性も大!!!

 

いやいやでも何故かもう二度と見る気起きませんでしたwww

私はいったい何をしているんだwwww

 

長々と、SEX中のあえぎ声についての仮説と検証に付き合って下さりありがとうございました。

 

オーストラリアに滞在予定のある人は、ここはかなり性にオープンな国で意識せずともSEXを目撃してしまったり聴いてしまったりする可能性があるという事を頭に入れて覚悟しておいてほしいと思います。

 

そして絶対に周りに流されずに危ない道を渡らないようにして欲しいと思っています。

 

失礼しました。

 

 

 

 

 ご自身でブログ運営をされている方は、A8ネットでアフィリエイト始めてみませんか?

 

 

賃貸物件でもオンライン詐欺?

 

オーストラリアではFacebook Marketplace やGumtreeと呼ばれるインターネットのサイトで個人間で物の売買をしたりする事が盛んです。

 

仲介する人間が入らないために安い場合が多く物を買う時は直接出品者と連絡を取って値段交渉をする人もいます。

 

私がシェアハウスを初めて探すことになった時にいろいろな人からGumtreeの話を聞き、そしてこのサイトを使用するように勧められました。結局、良い場所が見つからなったので登録しなかったのですが、私の周囲にもかなり沢山の人がこのサイトを使っているなという印象でした。

 

学校に通っている時に車を買ったと自慢してくるクラスメイトがいる度にどうやって手に入れたのか聞いてみるとGumtreeという事が本当に多かった。このサイトから中古車を安く買っている人が本当に多い。

 

ただこれも当たりはずれがあるみたいで、せっかく安く購入してもすぐに壊れてまた買い替える必要ができた人、購入した後に故障箇所が見つかった人なども見た事があって、ああやっぱり正規の販売店じゃないから出品者のモラルのみを信用する必要があるから難しそうだなと思いいつも使用する気が起きなかった。

 

初対面の人から個人的に大きな物を直接やり取りして買うなんて、直ぐに人を信用しない私にはかなりハードルが高い事だ。

 

第一、何の関係性ややり取りもない人と連絡先を交換し直接会って物の受け渡しを行うなんて、、嘘ついていても直ぐに連絡を絶てばいいから簡単そうとか、悪い事ばかり考えてしまう。

 

それで現に壊れている車など買った人見るとやっぱり怖いなと思って手が出せない。

 

怖いと思わないか使っている人に聞いたことがあるが、Facebookの場合は顔出しだしGumtreeも直接会うから(顔分かるから)安心じゃない?

 

という回答が返って来る場合が多いが、

 

顔出してるだけで、何故安心なのかさっぱり分からない。

世の中の詐欺師は全員顔を出していないのかというと違う。

目立っている状態で平然と嘘のような物を宣伝する人間を見た事がないのだろうか、、

 

私はこんな感じに疑い深いので、住宅などの賃貸でこういうサイトを使い大金を何の疑いもなく入金する事はまずないのだが、先日報道で賃貸物件の詐欺にあっている人がパースにも多い事を知った。

 

なんでも、私が先に述べたFacebook Marketplace やGumtreeのようなサイトでのやり取り間で起きているとの事。

 

金だけ分捕られて、家がなくホームレスになってしまっている人もいるらしい!!

 

thewest.com.au

 

大体は、前払いのボンドと賃貸料を求められているとの事だ。

 

最近は4人の子供を持つ母親が被害に合っているとの事だが、彼女は前払い金を支払ったのにも関わらず、その場所に行くと約束していた場所に家主はいないし指定していた場所に鍵もなかったとの事。

 

家を見つけてノックしたら、そこには既に住んでいる人がいたとの事。

 

要は、不動産会社が正規の方法で顧客と既に契約を結び貸した物件をさも自分が扱う物件のように偽って個人が広告を載せていたという事。

 

なんか大胆な犯行だなと思ってしまう。

 

その他にも、支払いが済んだ後に急にその広告が消え連絡さえ取れなくなってしまったケースもあるという事だ。

 

記事にも書いてあったけれど、こういう場合って契約してるみたいに装っているはずだからいろんな個人情報なんかも収集しているんだろうなと思ってしまう。

 

その情報を売ったりして儲けたりするというところまで、想像できてしまって本当に危ない。。

 

オーストラリアに来て、ビックリした事の一つに気軽に接点がない人にまで個人情報を教え合った上で現物を確認もせず物を買う人間が結構な数いるという事実。

 

本当にその製品が写真と合っているか確認してからじゃないと買いたくない私にはちょっと想像つかない事だ。それか一歩譲って、もし違っていた場合ちゃんと返金が行われるかどうかの法的に確かな書類がないととてもじゃないけど金なんか払いたくない。

 

ましてや、賃貸物件なんて何十万もお金が平気で行き来するはずだから、セキュリティー意識を持っていないと本当に危ないと思ってしまう。

 

賃貸物件でもオンライン上で詐欺行為が起こっている事を知って、いつも気軽にネット上で物の売買をしている人を見た時のモヤモヤした感情が湧いてきた。

 

それに最近のオーストラリアの住宅物件は、中には欠陥がある状態で売られている物もあるので必ず内覧をしてから、それに詳しく調べてから手を出さないと危ない目に合ってしまうリスクが常にある状態と思った方がよいのが事実だ。

 

私が今住んでるアパートメントもしっかり内覧した後からしか住んでないけど、それでもかなり古い作りなので、住んでから発見した不具合などもかなりあるし、修理してもらったところも数知れない。

 

しっかり見た後でも、分からない所が多いから見もせずに大きな買い物をしてしまうなんて本当に信じられない事だ。

 

なんにつけても、そんなにうまい話はない。

 

この情報は本当に正しくて、何か騙そうとしている事はないのか?

法的に正しい状態でやり取りを行われている状態なのか?

 

こういう風に考える習慣をつけてオンライン上での詐欺に引っかからないようにしないといけないと賃貸物件のニュースから思いました。

 

 

 

 

こんな記事もあります。住宅内覧会こんな感じの時あります。

↓                          ↓

discovery-australia.hatenablog.com

 

 

  

 

 ご自身でブログ運営をされている方は、A8ネットでアフィリエイト始めてみませんか?

 

 

 


 

語学学校で良く寝落ちしました。

 

タイトルどうりですが、私は語学学校でよく寝落ちしていました

 

それは何故か、単純に退屈だったからです。

どうして退屈なのかその理由を書いていきます。

 

それは私が語学学校に抱いたイメージと実際の教育が乖離していたから、もっと言えば間違った期待を知らないうちに抱いてしまっていたからだと思います。

 

特に初めて行った語学学校、さぞかし日本の英語教育と違うんだろうなと期待に胸を膨らましていました。特に発音や会話などを集中的に、特訓できるに違いないとそんな事も思っていました。

 

以前も書きましたが、私は海外留学する以前も英語勉強オタクでした。

それは何故かといえば、日本の教育だけでは到底英語を自由に操れるようにはならないと感じていたからで、自分でなんとかしてその教育の不足分を埋めたいと思っていたからです。

 

受験は経験してるから、英文法とか英単語はわりと良く知ってるし読解力もあるほうでした。でも、受験が終わってからは圧倒的に自分にはスピーキング能力とリスニング能力が足りないからここを伸ばして英語脳にしたいと思っていていろいろ試行錯誤して試してきました。

 

だから当然、オーストラリアの語学学校の授業ではコミュニケーション力を強化してくれるのではないかと少し期待してしまっていた私がいたんです。

 

 

ところが、初めて授業を受けてみて驚いたのが

 

これって日本でもできる勉強なのではないか??

 

という授業が多いんですね。

 

 

初日にテキストを配布されて午前中はそれに従って授業が進められる。

 

しかしこのテキストとやらは会話の練習はあるにはあるが、その会話も習った文法事項を使って練習するというものでほとんどの内容が文法事項になっている。

 

リスニングもさせてくれるのだが、今の時代であれば正直言って家でネーティブスピーカーが出る動画や無料音声などがいくらでもあるので敢えて語学学校で行う事でメリットがあるかというとよく分からない。

 

そのテキストに載っている英文法も受験英語を通って来ていて、それプラスでオタクのように勉強してきた私のような人間には本当に退屈極まりない時間になってしまう。

 

海外の語学学校は日本の英語教育と違って実践的で生の英語が身に付く!!

 

などと誰から聞いたか忘れたが、1つ言えることは、

 

語学留学は素晴らしいというようなフレーズをどこかで何度か聴いているうちに知らず知らずに頭の中にこういう思想が埋め込まれて、それでどっかで語学学校の授業に期待してしまっていたんだろうなと理解した。

 

まあ一種の洗脳ってやつに知らないうちにかかってたと分かってビックリしました!!

 

自分でも気づかないうちに期待値を上げていたから(面白い授業とも思っていたから)、知っているような英文法について永遠に行われる授業に睡魔が襲ってきたのでしょう。

 

気づいたら寝落ちするようになっていましたw

 

だけど、英文法って英語の基本だから復習するのもいい事なのかもしれない。

 

そう言い聞かせて真面目に取り組もうとしたけれど、ここでまた理不尽な事が出てきたんですね。

 

テキストの練習問題の選択問題で、どちらの文法の使い方が正しいか選べというのがある。その問題を隣の席に座っている子と一緒に解くようにという指示が出る。

 

あとは、授業で習った文法について隣の席の子と話し合う時間がある。

 

これってメチャクチャ困ります。

 

何故って、

 

例えば日本語でこれと同じことができますか?

 

という事です。

 

主語、動詞、形容詞、副詞とかいう単語を使いながらどうしてこの答えを選ぶか、どうしてこの文の成り立ちになっているのかを話し合う。

 

こんな事、私はできません。

国文学者ではないので、、

 

これと同じことを英語で行って欲しいと指示されているわけです。

最初っから無理でしょう。。

 

それに文法重視の授業になっているのには訳があって、傾向的に世界の英語教育は文法を学ぶより先に英語の音やコミュニケーションから入っていっている国も意外と多いのがクラスメイトと会話しているうちに分かりました。

 

なので、全体的にスピーキングやリスニングよりも文法に苦手意識を持っている生徒の方が人数的に多くなっている状態なんです。だから、文法に重きを置くのもある意味ニーズに合っているという訳なんです。

 

彼らは文法が合っていなくても、知っている単語を組み合わせ何とか通じさせるようにする事においてはプロ。

 

でもそれでは複雑な会話になって来ると意思疎通が困難になって来る。だから文法を教える事は大事な事なんですね。

 

ここで、問題なのは大多数が文法の苦手意識がある状態でこのように英文法についてディスカッションしたり一緒に解答を考えたりできるのか、、

 

本当にこれっておかしな話だと思いますね。

 

良く文法の事が分かっていない人どうしがそれについて話し合うなんて、、押しが強い人が意味もなく自分の論を押したらそっちの答えが正しくなってしまう可能性だってある訳で、、

 

全く時間の無駄です!

 

それに普段あまり使いもしない単語を多用して会話する事に何の意味があるのか、、

 

Subject(主語)、Verb(動詞)、Adjective(形容詞)、Adverb(副詞) など、、

 

こんなの日常会話で使った試しありません。

 

それに嘘みたいな本当の話だが自分の英語力のレベルが上がって英語脳ができると、英文法なんて考えなくても自然と口から出るようになってくる。

 

それ位のレベルになると上の日本語の成り立ちを説明できない理屈と同じで、英文の成り立ちなんて分からなくなってきます。

 

分かりやすく言えば、こっちの音の方が自然だよね!

だから正解!!と言う風に脳みそが変わって来ます。

 

だから英文法ができるかできないかに関わらず、本当に退屈な時間が流れていました。

 

結果、

 

語学学校で良く寝落ちしました。

 

私は前にも語学学校行っただけで英語力は伸びないという記事を書きましたが、語学留学の効果に疑問をかなり抱いています。

 

なので留学したい人はなるべく日本にいる間になんとか英語習得をできるようにする事を勧めます。もし語学学校入るとしても少なくともレベルが上のクラスの方が有意義なので、、それに語学の習得が遅れて語学学校に長期間お金を落とすよりかは専門や大学にそのままいった方が有意義と考えます。

 

 

 こんな記事もあります。

↓         ↓

discovery-australia.hatenablog.com

 

意識変えないと英語習得難しいよという話

↓                  ↓

discovery-australia.hatenablog.com

 

 

 

 

英語力向上のための教材を紹介します 

英文法について

↓    ↓

 

単語力の強化

↓    ↓

 

楽しんで、生の英語を聴く事ができてお勧めです!

多聴に最適です。

↓      ↓

 

 英語脳の育成に最適

副教材として上で紹介したEnglish Jornalがついています。

                    ↓

 

 

英語で論理的に話す練習にIELTSのスピーキングモジュールが非常に有効です!

英語脳を作るための脳トレに使えます。

英語を喋る時の考え方が身に付きます

↓こちらから↓

IELTS Speaking - Improve your language for Bands 7.0+

 

 

 

 

 

 ご自身でブログ運営をされている方は、A8ネットでアフィリエイト始めてみませんか?

 

 

体当たりオージー男に何度も会いました。

 

オーストラリアの男性は日本人と比べ、積極的な人が多いので外を歩いていると自分からナンパしてくる人も多い。(変な奴ばかり来るので迷惑だったが、、)

 

でもすべてのナンパしたい男性が積極的に女性に話しかける事ができる訳ではない。性格は人それぞれなので、当たり前かなとも思いますが。。

 

こちらに来て、こういうタイプの男性がいると初めて知りましたが

 

そういう人は体で迫って来るんです!!

 

要は、喋りかける事ができないと体ごと無言でどんどん接近してくる。

 

 

例えば、

 

スーパーのレジなどの列で順番待ちをしている時に空間が空いているはずなのにどんどん詰めてくる。

 

空間が広く開いているのにも関わらず、すごく近くを通り擦っていく。

(大体目が横を向いているのでわざとやってるのが分かる)

 

とかがあります。

 

 

気持ち悪いのが、身体が本当に密着してしまうんじゃないかレベルまで近寄ってくることなんです。

 

意識的にやっているとしたら本当に気持ち悪い。。。

 

何を思っているのか、こっちは怒っているのにニカッと笑ってくる確率も多く吐き気がする。

 

腹立つので、何だこのチンコ野郎!!と思いながら睨んでやるとものすごい速さで何事もなかったように去っていく。しかも、ちょっと恥ずかしそうにしていて普通にざまあみろと思う。

 

何もない時でも、こういう奴らはムカつくのにコロナが流行ってる時に近づいて来るチンコ馬鹿は本当に死ねと思った。

 

ソーシャルディスタンス!!と言ってやっても本当のバカだと自分の性欲の世界に迷い込んでいるみたいでそれすら聞こえていないみたいで救いようがない。

 

理性のかけらも持ち合わせていないチンコ野郎がオーストラリアに本当に多くてウンザリする。

 

無言でどんどん接近してくる男の進化系として、体当たりバージョンも存在していてそれも本当に腹立たしい事の一つだ。

 

 

奴らチンコ野郎の頭の中を想像するとこうなってるんだろな。

 

チ〇コ馬鹿が体当たる!

 

私 

 

「痛っ!」

 

チ〇コ

 

「ゴメン、大丈夫だった」

 

 

「。。。。」

 

チ〇コ

 

「どこか怪我はなかった?」

 

 

「はい、大丈夫です」

 

チ〇コ

 

「申し訳ない、お詫びにコーヒーでも奢るよ。」

 

そのあと仲良くなって、、、、家でS〇Xして。。。。

 

そんな事あるかい!!

 

体当たりなんて普通に危ないし、

キモいし、静かに地獄に落ちてくれ。

 

大体、男に体当たりされて仲良くなる女なんているのか?

まあいるとしたら、ただの性欲にのみ支配されたやりマンか?

 

誰とでも、SEXできるもんな。

 

白人とSEXして良かったーとかいろんな人に喋って自慢するような恥じらいもない脳味噌がない女しか引っかからんわ。

 

同じにすんな馬鹿やろうと思う。

 

また、アジア方面(日本も含む)から来たやりマン女のイメージのせいで巻き込まれている可能性もあるかもしれないと思うと腹立つわ。。

 

私はいつも誰かに体当たられると、もしサングラスをしていない時は史上最大級の氷のように冷えた殺気に満ちた視線をチンコ野郎にぶつける事にしている。

 

サングラスしている時は、

 

「What?」

何だ?

 

と冷めた殺気に満ちた声で奴らに聞こえるように言うようにしている。

 

怖いのか、チンコ野郎がどれだけデブだったとしてもめちゃくちゃ速い速度で去っていくし、デブじゃない場合は整形顔引きつらしながらつまづきそうになってビビりながら去って行って笑えるくらいに面白い。

 

やっぱり上みたいな想像してるんだろうな。

本当に頭悪すぎて笑えるwww

 

私、自分で言うのもなんだけど見た目はおっとりしててホワンとした感じに見える系統の顔だから舐められやすいんだろうなと思ってる。

 

誰にでも優しくなれんわい!!いい加減にしろって!!

あとは私、華奢で折れそうなタイプじゃないから、当たってもある意味安心だし。分析するとエロ目的で体を当ててみたいんだろうな。ニヤついてる男が多いから多分そう。

 

はっきり言ってマジで迷惑だし、勝手に当たってくんな!!

一生外に出ず、家で永遠に一生一人でオナニーしとけ!!

 

 

一番危なかったのは、スーパーで買い物した後帰宅する時に体当たり男に遭遇した時。

 

しばらく天気が崩れそうとの予報だったから、いつもより食材や日用品を多めに持って帰宅する途中だった。この時、両手が荷物でふさがってる状態。

 

そんな時に、急にメチャクチャ速い速度で後ろっから近づいてくるデカい影があった。変な奴来た!と分かったから避けたかったけど重い荷物を持ってるので不可能。

 

もしも変質者だったら危険と判断した私は、両手にあった荷物を一旦下に置いてその場を(チンコ野郎が突進してきそうな場所)を離れた。

 

すると、そいつは私の買い物袋に微妙に当たってつまづいた感じになり袋の中身を少しだけぶちまけた。

 

それだけでも腹立つのに、意識的にかアクシデントか分からないが私に体を斜めにしてぶつかって来やがった。

 

この時は、結構な衝撃で普通に痛かったから自分の中での対策マニュアルを忘れて咄嗟に

 

「痛っ!」と言ってしまった。

 

すると、馬鹿チンコ野郎が

「ゴメン、大丈夫だった?」

と言ってきた。

 

マジで想像どうりの展開で、キモっ。。

「そんな事より、話したくないから向こう行け!」

と言った後、

 

「ぶつかられて気分悪いから、何も言わずここから去れ!」

と言ってやった。

 

本当に女性に対して舐めた対応をする体当たりオージー男が腹立たしい。しかも、一度や二度ではなく何度も遭遇していてこれはオーストラリアでの嫌な事の一つだ。

 

まあ今はほとんど引きこもっているからこういうストレスは無くなってるかな。

 

オージーの女性は全体的に気が強くて、男に対してきつく当たっている人も日本より多いイメージだけど、そりゃあこんな理性のひとかけらもない性欲バカ男がたくさんいるんじゃあそうもなるわな。と少し思ってしまった。

 

オーストラリアってドメスティックヴァイオレンス(DV)も多い国だし、あんまり優しい感じだとつけあがる男も多いんだろうな、、

 

体当たりオージー男に会うたびに、舐められず強く接してやろうと対抗する自分。

 

 

環境で人は優しくもなれなくなるんだなあと思う。

 

本当にいつでも優しくいられたらいいのに。。

 

 

 

 

 

 

 ご自身でブログ運営をされている方は、A8ネットでアフィリエイト始めてみませんか?

 

 

アイコンタクトは必須です。

 

あなたは他人と目を合わせる事ができる人間ですか?

 

私は昔、めちゃくちゃ人見知りで初対面の人とだと全く喋ることができない子供でましてや人前だと一言も言葉を発する事ができない人間でした。

 

流石にこれではヤバいと思い、学生時代に自分で無理やり一時期演劇部に入りこの性格を矯正しました。恥ずかしがっていては人前で演技なんてできないので、今ではその経験が生きて人前で話すことや他人と話すことが平気になりました。

 

でもやっぱり自分の根という物は変えられない部分もあり、オーストラリアに来るまでは他人と目を合わすことに苦手意識を持っていました。

 

だって別に意識的にアイコンタクトを取らなくたってコミュニケーション上は何も問題が起きない訳ですから、、

 

例えば日本だと他人とすれ違う時も別にその人の顔さえ見る必要ないし、挨拶する時でも特に目を見なくたって問題はない。かしこまっている場ではお辞儀をする文化があるのでそもそも目なんて見ない事も多い。

 

だけれど、アイコンタクトする事はオーストラリアでは(というより欧米文化が根付いた国はそうだと思うが)すごく大事な事になっている。

 

寧ろ目を合わせない人は、何か後ろめたいことがあるのかな?とか変な人だなとか感じ悪い人だなとか思われてしまう可能性が高い。もっと言うと信頼できない人間という風に捉えられてしまうリスクまである。

 

だからアイコンタクトを取ることは凄く重要!

 

挨拶では、誰か他人とすれ違う時は目を見て笑いHiと声掛けをするのも当たり前。

 

人と話している時もちゃんと話を聴いているという意思表示のために相手の目を見る必要がある。ずっと見る必要はなくても度々人の目を見てしっかり会話に加わっているというアピールをする必要があるんです。これは非言語コミュニケーションとして大変重視されています。

 

オーストラリアに来たばかりの時は、目を合わせる事がどれだけ大事かなんて考えてもみなかったし寧ろ少しだけ苦手意識さえ持っていたけれど不思議な事に自然とアイコンタクトに違和感を感じなくなって自分も無意識で行う事ができるようになった。

 

アイコンタクトはみんなが自然と行っている習慣で、一歩家の外に出ればいろいろな場面で目を見て挨拶をしてくる人がいる。最初こそ少し照れくささがあったけれど、日常的にこういった事が繰り返されているとそれが習慣となってくる。それで気づいたら自分もアイコンタクトをいろんな場面でする人間になった。

 

平気で誰にでも照れずに無意識のうちに目を合わせる事ができるようになった自分にちょっと驚いているが、こういう事って意外と侮れない事だと思う。

 

なぜって、私はアイコンタクトが必須という説明を誰からも受けた事がないのに、理解したからだ。。

 

どういうことかというと、人間はその人がいる環境や周りの人間に知らず知らずのうちに影響されていくという事実。

 

私の場合も、何度もすれ違いざまに笑顔でいろんな人にアイコンタクトと共に挨拶されたり、会話してる時に話を聴いてるよとばかりに視線を飛ばされたりするたびに自分ではその時に明確に理解していなかっただけで結構嬉しかったんだなと今では理解している。

 

やっぱり少しいい気分だと人間はそれを真似したくなるし、自分も潜在意識からそう思って自然とそれを行動としてとって習慣化したんだなと思い、これって凄い事だなと感心した。

 

要はポジティブな感情は人に容易に感染し、その人の行動まで変える力がある。

これってすごく素敵な事だと思っている。

 

私は人の事は基本的には直ぐに信用しない、誰でも嘘を吐くし裏切る危険がある。そう思っているし、そう考えた方が人に期待しないので生きていくのにずっと楽だからだ。だから一人の時間をめちゃくちゃ大事にしていて好きだ。

 

そんな風だから昔は私は人間嫌いなんじゃないかとさえ思って悩んだこともある。

 

でもオーストラリアに来ていろんな人からアイコンタクトされているうちに、それが気分が良かったんだなと自分の感情を理解した瞬間から私も人との繋がりみたいな物が結構欲しい人間なんだなと思った。

 

それに人に何かを伝えるにはどうしたら良いか、どういう方法を取るのが適切かってすごい大事なんだなと実感した。

 

基本的な挨拶を笑顔で交し合う、アイコンタクトを取って意思表示を行うこういうチョッとした事だけで人と人との繋がりの重要さを実感する事ができる。

 

そう考えると、アイコンタクトはどこでも必須なんじゃないかな?と思ったりもしている。

 

 

 

 

 

 ご自身でブログ運営をされている方は、A8ネットでアフィリエイト始めてみませんか?

 

 

↓押してくれると飛び上がって喜びます↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村